催眠療法・心の病のホームページ

kokoro-hp.com

雲上の富士

マインド・サイエンス 井手無動 (IDE MUDO)の ブログです。 時々更新しますので訪れて下さい。
※ブログ内に書き込むことがある相談の実例は、ご本人に了承をしていただいております。勝手に相談者のプライバシーに触れる内容を記載することは決してありませんのでご理解ください。また、絶対に個人が特定できないように、複数の事例をミックスするなど、様々な配慮をしております。
事例を読んでいただくことで、催眠療法・心の本質に少しでも触れていただき、問題解消の参考にしていただけたらと願っています。守秘義務に関する考え方LinkIcon
ページの上の方が新しく、次のページがさらに新しい、最新ブログです。 続きを読むLinkIcon

症状の真の原因

40歳代主婦で、横断歩道を渡る時に、雲の上にいるようなフワフワした気分になり倒れてしまうのではないかという不安が起きて渡れない。また、人が集まる場所でもそういった症状が出るので避けるようになって一人で乗り物にも乗れなくなって相談にみえました。
当然のこと、彼女は症状のみに焦点を当て苦しみ、何故そのような症状が起きるようになったかの原因を知る由もありません。
原因を解明してみると、彼女の長男次男が相次いで、法に触れるような事件を起こしました。そのことがきっかけで、ご主人と話し合う中、考え方や方向性の相違で、ご主人のことを自分とは“何かが違う”という感覚を持つようになっていかれたのでした。
彼女は、幼少期のトラウマで親に依存してしまう傾向が強く形成されています。その彼女が、依存対象であったご主人に対し、自立心を養おうとするご主人の息子さんへの考え方を、自分にも同じように重ねてしまい、自分も夫から批判され突き放されるのではないかという不安な気持ちになったのが、(最初に体験した症状は、心労によるストレスが創り出していますが)症状を継続させている真の原因でした。
08/05/19(月) 21:13

虐待-抑えられない感情

自分の子供と接していて、「どうしても感情が出て、きつくあたってしまう。虐待してしまう」とのことで相談を受けています。この母親は、本来性格はやさしい方なのですが、子供のチョットした態度や発言に、瞬時に感情が湧き起こって抑えられなくなるとのことです。退行催眠で、この母親の子ども時代の出来事を思い出してもらうと、やはり、自分が子供に言っていることはそのまま親からきつく言われてきたことと、本質も、言葉の表現さえも同じであることに気づかれました。彼女は言います。「これまで、自分が子ども時代に辛かったことや我慢させられてきたことは、思い出さないように、そちらに意識を向けないようにして生きてきたと思います。しかし、そうして自分では忘れていたつもりでも、無意識に同じようなことを子供に押し付けていた自分がはっきりと分かりました」ご主人との関係も、子ども時代の親子関係が心理的に再現され、それが苦痛で離婚されています。彼女は母親として、一生懸命にそして大事に子供を育てています。本当に多くの愛情を注いでいるだけに、ちょうど小学校4年頃からの反抗期に達した子供が、自分の意にそわない態度や発言をすると我慢できなくなっていたようです。抑圧とは、忘れてしまっていると思っている出来事や感情の記憶を、本当は思い出さないように、触れないようにと無意識に押さえつけている状態なのです。普段思い出すことがなくても、記憶が無くなっている訳では決してありません。
08/05/16(金) 17:12

パニック障害

本日、新規のパニック障害の相談を受けました。パニック障害と呼ばれる、乗り物やエレベータ、出口が見えないトンネル、そして、アトラクションの乗り物など、降りたくても降りれない自由にならない所にいると不安が襲い心臓もバクバクし始め気分が悪くなって精神的に耐えられなくなる心の病です。彼女は、相次いでご両親を亡くされた後に結婚生活において、5年以上にわたり、ご主人から毎日受け続けた暴力や精神的な虐待に耐えていたことが原因で発症した模様です。一般的には、子ども時代のトラウマが絡んでいるのですが、彼女の場合は、成人した後25歳からの5年間にのみ原因があるという稀なケースだと判断しています。パニック障害を治していくのは自信がありますので、彼女も必ず治して見せます。経過はまた報告します。
08/05/15(木) 14:26:13

催眠術・・・続き

前回の「催眠術」のブログの続きです。5月11日に初めて催眠術の講習会を受講された、大変上達が早かったとして話題に出していた方からメールが届きました。「催眠術という私にとって、ずーっと未知だった世界を経験できて、まだ不思議な気分です。昨晩、自分一人で声を出して練習していたら、なんとなく、トランス状態に入っていったみたいで、どうしてよいのか分からなくなり、ひとまず、中止しました。こんな場合どうしたらよいのでしょう?催眠術の本質を早く理解できるように頑張ります。すごく楽しかったです。受講してよかったと思っています。次回までできるだけ練習しておきます。分からないときには、メールさせていただきますのでよろしくご指導ください」という内容です。将来、自分の仕事の傍ら、ヒーラーとしての仕事で、人と関わっていきたいという夢をぜひ叶えていただきたいと思います。
08/05/14(水) 00:19:06

視線・対人恐怖症

関西から、視線・対人恐怖で悩んでいる20代前半の女性から、3ヶ月前に相談の電話を受けました。子供時代の家庭環境や現在の症状を聞いて、幼児期から確実に形成されてきたトラウマの内容の実情と影響を説明しました。十分に納得されたようで、電話を切る時に、「必ずお金を貯めて治してもらいに行きます」と強く約策をされていました。それから2ヶ月半が過ぎて、再び彼女から電話がありました。内容は、症状がひどく昼間外に出れないので、夕方隠れるようにして、単純作業の仕事場に行きアルバイトをしてやっとお金がたまったので予約を取りたいとのことでした。この2度目の電話を受けた時、私は、絶対に治してみせる、いや治さなければならないという決意が心の中に強く湧き起こりました。現在、催眠療法の進行中ですが、絶対に治して見せます。また報告します。
08/05/12(月) 14:04:16

催眠術

マインド・サイエンスでは催眠術も教えています。本日は、催眠術のテクニックや理論を教える練習日でした。今日初めて参加された、ある会社の経営者の方が、私はかからないかもしれないと不安げでしたが、いろんな催眠状態を自分自身で体験されてすごく満足されていました。また、この方は初めての参加なのにすごく上達が早くて、他のメンバーの方々も驚いていました。催眠術というものは、催眠導入テクニックがどのような意図で組み立てられ、どのように心に影響を与えているものかという本質が理解できるようになれば、誰でも催眠術を自由に使いこなせるようになれるものです。私がテレビや講演会場などで披露している催眠術のすべてを身につけることができます。ただし、催眠術の世界も奥が深く、私を追い抜くためには、生まれ持った天才的素質が必要でしょう。そういった自信がある方は、大いに私に挑戦して欲しいと願っています。
2008/05/11(日) 23:47:01

マインド・サイエンス 代表 井手無動(IDE MUDO)の ブログです。 時々更新しますので訪れて下さい。上の方が新しく、次のページがさらに新しい、最新ブログです。続きを読むLinkIcon